2018年09月28日

質の高い親子の会話でコミュニケーションの基盤を作る

コミュニケーション能力を高めるためには

質の高い親子の会話

をしましょう。

難しいことではありません。「よくない会話」をやめて、「いい会話」を増やせばいいのです。

よくない会話とは
まずは、「人の悪口や誹謗中傷」です。
以前に書きましたが、これは『親から子へのかくれたカリキュラム』です。

子どもの友達や先生の悪口 → 友達や先生は悪い人だ
社会への不満 → こんな世の中に生きている意味はない

こういう価値を植え付けてしまう可能性もあります。

もう一つは「閉じた質問」です。
分かりやすく言うと、「はい/いいえ」で答えられる質問です。

これらをまずやめましょう。

そして、「いい会話」をしましょう。

① 子どもに関わる問題について親子で考える
     
学校での出来事、友達とのトラブルなどについて、親子で考えを出してみましょう。
気を付けなければいけないのは、断定的な言い方をしないことです。

② 世の中のことを親子で話す

テレビを見ながらでも構いません。世の中で起きている出来事について感じていることや考えを話し合ってみましょう。

③ 将来のことを親子で話す

親のこれからのこと、たとえば、生き方、老後、趣味、自らのコミュニティなどを子どもに話しましょう。
子どもには、夢、職業、やりたいことなど、将来のことを話させるといいですね。

いずれも、大切なのは「傾聴」です。
しっかり聞くことで、子どもは安心して「伝える」ことができるのです。

こうして家庭で身に付けた「コミュニケーション能力」は、学校や社会で更に磨かれていくのです。



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ アクティブラーニングへ
にほんブログ村



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。