2018年04月23日

子どもは地域の宝~地域で子どもを育てる仕組み創り~

子どもは地域の宝です。

地域の宝である子どもたちと、地域の未来のため
地域全体で学び合い支え合う仕組みづくりとして
「学校と地域でつくる学びの未来」というプロジェクトを
文部科学省と厚生労働省で推進しています。



ふた昔前
子どもたちは近所の大人たちに守られ、叱られ、褒められ
地域の中で育っていきました。

商店街ぐるみで地域の子を知っていたり
子どもが集う駄菓子屋のおばちゃんがいたりしました。

子供会も活発に活動し、イベントもたくさんありました。

私は団地に住んでいましたが、母は同じ団地に住む子のことをよく知っていました。

いつの間にか、そういう関係が希薄になり
地域の教育力も低下してきました。

2020年から実施される新しい学習指導要領では、
「社会に開かれた教育課程」の実現に向け
「どのような子どもを、どのように育てていくか」
という目標を地域と共有し、協働して学校経営を進めていくことになります。

また、自治体では『コミュニティ・スクール』の実現に向け、取組が進められています。

これからは
「いかに地域の教育力の蘇らせるか」
ということが鍵になってくると思います。

そこで、私は
「子どもと地域をつなぐ場&仕組み」
地元である千里ニュータウンで創っていきたいと考えています。

地域の人たちは「地域の宝」である子どもたちとの関わりをもちたいと思っています。
しかし、その手段がなかなか見つかりません。

一方、子どもたちも地域の大人たちから、学校では学べない「よのなか」のことを学び機会が必要だと思います。

千里ニュータウンに住む「地域の人たち」と「子ども」をつなぐことが私の目標です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。