2018年01月31日

道徳は多面的・多角的である



しょっぱい卵焼きの話の続きです。

一郎さんの答えの背景には、どのような道徳的価値があるでしょうか。

「おいしい」「いい味だね」という答えの背景には《思いやり・親切》の気持ちがあるでしょう。

「弁当をつくってくれてありがとう」という《感謝の念》があったかもしれません。

一方、「しょっぱくて食べられない」と答えた人は《正直》を大切にしたのかもしれません。

このように、人は、問題場面に出合ったときに、様々な道徳的価値をもとに、多角的・多面的に考えて、その状況に相応しい答えを導き出します。

この正解のない課題に対応できる道徳的判断力も、子供たちに身につけさせなくてはいけません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。