2018年10月19日

失敗をチャンスに変えられる子に育てよう!

「自分でメシが食える」子に育てるためのスキル~その13~

①人間関係形成・社会形成能力
②自己理解・自己管理能力
③課題対応能力
④キャリアプランニング能力

課題対応能力を構成する2つ目のスキルは

何か問題が起きたとき、次に起こらないように、何をすればいいかを考える力

です。

大人が仕事をしていく上で、うまくいかないことは山ほどあります。
そういうとき

どうすれば、次はうまくいくか

を考えるはずです。
ですから、子どもも同じです。

失敗したことから学ばせる

ようにしたらいいのです。
「だから、ダメって言ったじゃない。」
「いつもあなたはしっぱいばっかり。」

と、つい責めるような言葉を使っていませんか?



こういう言葉は、
子どものキャリア発達を阻害するだけでなく、
自己肯定感も下げてしまいます。

「僕はいつも失敗ばっかり…。」
「私は何をやってもダメだ…。」

という自信のない子に育つかもしれません。

会社でもそうですよね。
新人のうちは慣れなくてうまくいかないことが多いけど
改善しながら仕事を覚えていきますよね。

最初から叱られっぱなしでは
やる気がなくなります。
子どもも同じです。

失敗は学ぶチャンス


と考えましょう。

たくさん失敗して、たくさん考えた子は
改善のスキルも
失敗しないスキル

もっている子なのです。



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ アクティブラーニングへ
にほんブログ村
  


Posted by nori910 at 06:17Comments(0)